会社の債権管理は専用のパソコンソフトで手軽に処理しよう

婦人

製造ラインで活躍

カレンダー

工程計算を自動で行う

商品の製造ラインや生産ラインの管理においてはスケジューラーを導入することが最も効率的になります。スケジューラーは線表です。どのタイミングでどの工程が完了しているのかを一目で見えるようにしたものです。それぞれの生産性を入力することで単位時間あたりに完成する製品の数を予測することができます。工場などの製造ラインではこの予測をベースに実際の工程を組んでいるのです。スケジューラーは外的要因によって変化することを想定して組むことが大事です。外的要因とは、素材や人など多数の要因があります。これらを入力することで後工程を含むすべての工程を一元管理することができるのです。そのためスケジューラーのソフトを導入する時には、使いやすさだけでなく柔軟性など汎用性を備えていることが必要になります。また算出ロジックも複雑に組み合わせることのできるソフトを選ぶことも大事です。単純に製品の製造は、一工程で仕上がっている訳ではありません。複数工程が重なり合って初めて一商品が完成するのです。そのため、工程ごとの管理を調整したり、後工程への影響度合いを計算し、余剰工数のアラートなどを見ることができるシステムを導入することでライン上の無駄やムラを省くことができるようになります。生産計画など納期が決められた製造ラインなどでも緻密な計算を行う事ができますので、信頼度も高くなるのです。工場などを中心に導入されていますが、最近ではコールセンターや事務部門などでも活用されています。